フラット35審査に落ちてしまう場合は?

フラット35は独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間の銀行が共同で提供する長期固定型の住宅ローンです。
受付窓口となるのは提携する銀行が担当し、受付が完了すると提携銀行の仮審査が行われます。
この審査は借り手の信用情報や属性などを簡単に審査するだけの内容のようで、信用情報に事故歴があったり勤務先や雇用形態、勤続年数に問題があるなど、明らかに本審査が通らない人出ない限りは合格すると言われています。
住宅金融支援機構の本審査となるのですが、こちらは物件に関する細かい検査基準にパスし適合証明書が発行されないと買取り不承認となり融資が受けられません。
つまり、審査に落ちたということになります。
フラット35の場合、一度不承認を受けると一定期間、買い取り申請ができなくなってしまいます。